2018-10-16

『信念』や『こだわり』は社会で成功する鍵になるかも!?

 誰でも長く仕事に携わる中で、何かしらのポリシーを持つようになります。本人は自覚していなくても、何らかの判断基準のようなものは定まっているはずです。万が一転職をする場合でも、自分のポリシーが何かを明確に示すことができるようにしておきたいものです。

 そこで、自分のポリシーとはどんなものかについて考えてみてはいかがでしょう。例えば何か仕事を与えられた時に、どんな段取りで進めれば良いのか気になる人は、納期を守ることを重視しているのかもしれません。さらに段取りを意識するということは、その過程を重視している証でもあるので、おそらく品質にもこだわりがあるかもしれません。つまり、仕事を進める上では迅速に、かつ正確に行うことを心がけているのではないかということが考えられます。このようなことは、ポリシーと言えます。

 同様にチームで仕事を進める場合も、他のメンバーの考えることが気になる人は、チーム内での意思疎通というものに気を配っているのかもしれません。つまり自分はチームの一員として周囲に配慮することを重視していると言えますし、その際のポリシーは、チームの和を大事にするということになります。他にもミスをした時に深く落ち込むような人は、ミスをしないことをポリシーとしているかもしれません。

 このように、普段自分が何に気を配っているのかを考えることで、ポリシーを知ることができます。転職時の面接では、そのポリシーを提示した上で、会社のためにどのように役立てるのかもアピールすると良いでしょう。